YOASOBI 英語版第2弾「RGB」(「三原色」英語Ver.)配信&MV公開!

スポンサーリンク

(初出:21/07/17)

“小説を音楽にするユニット”YOASOBIが、英語版第1弾楽曲として話題を呼んだ「Into The Night」(「夜に駆ける」英語バージョン)に続く、英語版第2弾楽曲「RGB」(「三原色」英語バージョン)を7/16配信リリースした。

この楽曲はNTTドコモ「ahamo」CMソングとして起用、7月2日(金)に配信リリースされ、各種配信サイトを席巻した「三原色」の英語バージョン。
また同日、英語版ミュージックビデオも公開された。

■YOASOBI「RGB」 Official Music Video

■楽曲情報:
「RGB」
作詞・作曲・編曲:Ayase/訳詞:Konnie Aoki/歌唱:ikura
原作:「RGB」(小御門優一郎 著)
2021年7月16日(金)配信リリース
https://orcd.co/sangenshoku_rgb

※タイアップ:
NTTドコモ「ahamo」CMソング
https://ahamo.com/special/yoasobi/

また、2021年10月よりYOASOBIがテーマソングを担当する、NHKの子ども向けSDGs番組シリーズ「ひろがれ!いろとりどり」。そのテーマソングの原作となる物語を子どもたちから募集するにあたり、スタートした『YOASOBIとつくる 未来のうた』プロジェクトにおいて、原作となるグランプリ作品が発表された。

番組の視聴者となる6歳~19歳までの子どもたちを対象に、SDGsの柱である「自然との共生」や「多様性の理解」からイメージされる、「共に生きる」をテーマに、1万字以内の物語を募集。

見事グランプリに輝いたのは、15歳の乙月ななさんによる物語「小さなツバメの大きな夢」。

グランプリ作品は、後日番組HPにて公開され、10月スタートの番組テーマソングの原作としてYOASOBIによって楽曲化が行われる。

■「ひろがれ!いろとりどり」番組概要:
NHK・SDGsキャンペーン「未来へ17アクション」の一環として、次世代を担う幼児や青少年に向けて展開中のSDGs番組シリーズ「ひろがれ!いろとりどり」。「SDGsをいっしょに学ぼう!」をテーマに、SDGsを楽しく身近に学べる企画や特集番組を続々発信。

▽YOASOBIとつくる 未来のうた:
【グランプリ作品】
「小さなツバメの大きな夢」 / 乙月なな
各部門優秀作品・佳作の詳細は、番組HPにて
https://www.nhk.or.jp/irotoridori/

■YOASOBI プロフィール:
コンポーザーのAyase、ボーカルのikuraからなる、「小説を音楽にするユニット」。2019年11月に公開された第一弾楽曲「夜に駆ける」は2020年12月にストリーミング再生4億回を突破、Billboard Japan 総合ソングチャート”HOT100″にて2020年年間1位を獲得。第二弾楽曲「あの夢をなぞって」は原作小説がコミカライズ、第三弾楽曲「ハルジオン」は飲料や映像作品とのコラボレーションを果たし、7月20日に第四弾楽曲「たぶん」、9月1日にブルボン「アルフォートミニチョコレート」CMソング「群青」をリリース。12月には鈴木おさむが原作小説を手掛けた楽曲「ハルカ」を発表。2021年1月6日に満を持して初のCD『THE BOOK』をリリース。豪華な仕様が大いに話題を呼び、オリコンデイリーランキング初登場2位を記録しながら、配信では全ての楽曲がApple Musicストリーミングチャートで15位以内に同時ランクインするという快挙を達成。立て続けにリリースしたTVアニメ『BEASTARS』OPテーマ「怪物」、EDテーマ「優しい彗星」も各種チャートで1位を獲得。2月には、初のワンマンライブ『KEEP OUT THEATER』を新宿・ミラノ座跡地の工事現場にて開催、7月にはユニクロ「UT」とのコラボライブ『SING YOUR WORLD』をユニクロ有明本部内・UNIQLO CITY TOKYOにて開催し、同時接続者数28万人を記録する盛り上がりを見せた。原作小説の書籍化や映画化など、音楽以外の領域にも展開の幅を広げている。
▽Official Site:
https://www.yoasobi-music.jp/

<記事提供:ジェイタメ

タイトルとURLをコピーしました