動画再生者数は60万人を超えたamazarashi『朗読演奏実験空間“新言語秩序” Ver. 1.01』、いよいよ本日(6/16)まで

スポンサーリンク

(初出:20/06/16)

2020年6月9日にデビュー10周年を迎えたamazarashi。

それを記念して同日、2018年11月16日開催した、第23回文化庁メディア芸術祭エンターテイメント部門をはじめ世界各地の数々のクリエイティブアワードを受賞した、初の武道館公演のオンライン配信『朗読演奏実験空間“新言語秩序” Ver. 1.01』をYouTubeで公開してきたが、いよいよ本日6月16日19時30分をもって配信が終了する。

配信当日は武道館の収容人数を大きく上回る延べ20万人以上がリアルタイムにライブを視聴し、YouTubeで公開後は再生回数60万回を超え、国内外から1600件を超えるコメントが寄せられた。

コメントにはamazarashiのライブに行ったことがないという声も多く見られ、この配信は、たくさんの方にamazarashiのライブを体験していただくきっかけとなったようだ。

またライブ配信中、#amazarashiを含む多くの関連ワードがTwitterのトレンドランキング入りし、視聴しながら感想をつぶやいたファンもたくさんいたことがうかがえる。

ライブ終盤「独白」では、スマートフォンアプリ「新言語秩序」に秋田ひろむからのメッセージが表示される、チャット欄にも「言葉を取り戻せ」の大合唱が起きるなど、スマートフォンアプリを活用したコールアンドレスポンスに挑んだamazarashiのライブ表現が、新しいオーディエンスとバンドの関係性を生み出した瞬間を生み出した。

なおamazarashiは、「新言語秩序」ライブ配信後、amazarashi初の配信での初披露となる新曲「令和二年」を含む3曲の弾き語り自宅ライブを配信している。

■amazarashi 秋田ひろむ コメント:
”『新言語秩序』は、一般市民同士の相互監視によって言葉が奪われた社会を描いています。
このテーマが時を経て、より深刻に感じられてしまう今の社会のムードが悲しいです。
amazarashiは希望を歌ってきましたが、それは人間の良心に依拠した僕の幻想にすぎません。現実は僕の想像よりずっと無情だったように思います。
この作品を通して、心の中に自問自答や葛藤のようなものが芽生えてくれたら、それが巡り巡ってどこかの誰かの希望になりえるのではないかと、そうであってほしいと願っています。 ”

■amazarashi『朗読演奏実験空間“新言語秩序” Ver. 1.01』とは:
2018年11月16日に開催され、総数2万人を動員した自身初の武道館公演に向けたプロジェクト。
言葉が禁止されたディスピアという公演コンセプトを現実化。小説をはじめ、新曲、ミュージックビデオ、ゲリラショップといったあらゆる表現物を、検閲された状態でリリース。同時に、検閲を解除できるアプリを配布して、ファンはレジスタントとしてプロジェクトに参加した。
公演当日は、1万台を超えるスマートフォンのフラッシュとステージの四方を囲むスクリーンを同期させて、検閲解除をスペクタクルとして展開。通常は一夜限りで終わってしまうライブを、1カ月におよぶ参加型の音楽体験に変えた本プロジェクトは、ファンからもメディアからも絶賛され、多くのアワードを受賞した。
公開期間:6月16日19時30分まで
開催場所:amazarashi Official Youtube Channel

※スマートフォンアプリ「新言語秩序」
今回の『新言語秩序 Ver. 1.01』と連動するAndroid / iOS アプリです。
・ライブ映像とスマホを組み合わせた舞台演出をお楽しみいただけます。
・秋田ひろむが武道館公演に合わせて書き下ろした小説『新言語秩序』を全編閲読いただけます。
・武道館ライブフォトをご覧いただけます。
・検閲解除済みの『リビングデッド』MVをご覧いただけます。
・検閲解除済み『独白』音源を試聴いただけます。
ダウンロードはこちら<http://www.amazarashi.com/newlogosorder/app/

■新オリジナルグッズ New Logos Order Ver. 1.01
https://store.plusmember.jp/amazarashi/
2018年の武道館公演でも販売したLyric Tシャツの ver 1.01 や、YKBX氏が今回の配信のために描き下ろしたイラストをデザインしたTシャツ、NewLogosOrderのロゴ入りの国産のオリジナルマスクを数量限定販売。
※本公演で販売するグッズの収益の一部は国立国際医療研究センター(https://www.ncgm.go.jp/)に寄付いたします。

■amazarashi NEW FULL ALBUM
ボイコット
2020.03.11 Release.

<初回生産限定盤A>
[2CD+Blu-ray+特殊パッケージ,NOte 小説「雨天決行」封入]
価格:4,800円+税 / 品番:AICL-3850~3853
https://smar.lnk.to/i7N8H

<初回生産限定盤B>
[2CD+DVD+特殊パッケージ,NOte 小説「雨天決行」封入]
価格:4,300円+税 / 品番:AICL-3854~3857
https://smar.lnk.to/sT-r5

<通常盤>
[CD]
価格:3,000円+税 / 品番:AICL-3858
https://smar.lnk.to/hn8LM

CD(DISC1)
1.拒否オロジー
2.とどめを刺して
3.夕立旅立ち
4.帰ってこいよ
5.さよならごっこ
6.月曜日
7.アルカホール
8.マスクチルドレン
9.抒情死
10.死んでるみたいに眠ってる
11.リビングデッド
12.独白
13.未来になれなかったあの夜に(long edit)
14.そういう人になりたいぜ

CD(DISC2)  Acoustic
1.月曜日 Acoustic Ver.
2.帰ってこいよ Acoustic Ver.
3.マスクチルドレン Acoustic Ver.
4.夕立旅立ち Acoustic Ver.
5.そういう人になりたいぜ Acoustic Ver.

Blu-ray & DVD(DISC3)
◆Acoustic Performance
1.月曜日
2.帰ってこいよ
3.マスクチルドレン
4.夕立旅立ち
5.そういう人になりたいぜ
◆MV
月曜日
リビングデッド
さよならごっこ
未来になれなかったあの夜に
◆LIVE
COUNTDOWN JAPAN 19/20 
1.ワードプロセッサー
2.ヨクト
3.性善説
4.独白
5.未来になれなかったあの夜に 

■amazarashi Profile:
青森県在住の秋田ひろむを中心としたバンド。
日常に降りかかる悲しみや苦しみを雨に例え、僕らは雨曝だが「それでも」というところから名づけられたこのバンドは、「アンチニヒリズム」をコンセプトに掲げ、絶望の中から希望を見出す辛辣な詩世界を持ち、ライブではステージ前にスクリーンが張られタイポグラフィーや映像が映し出される独自のスタイルを展開する。

■関連サイトおよびSNS
・Official web: http://www.amazarashi.com/
・Facebook: https://www.facebook.com/amazarashiofficial
・Twitter: https://twitter.com/amazarashi_info
・mobile モバイルサイト「apologies」 (スマートフォン、フューチャーフォン):http://m.apologies.jp/
・LINE ID:@amazarashi
・Instagram: https://www.instagram.com/amazarashi_official/

<記事提供:ジェイタメ

タイトルとURLをコピーしました