奇才・キタニタツヤ、6月26日に初のライブ配信を決行! クアトロ名物を利用した無料視聴企画も連動!

(初出:20/06/15)

6月26日(金)渋谷QUATTROで予定されていたライブが新型コロナウイルスの影響で中止となり、同会場から配信でのライブ開催へ切り替えることを発表していていたキタニタツヤ。その配信ライブの詳細が発表された。

「Hug myself (inside)」と題された配信ライブは、6月26日(金)20:00からイープラスのライブストリーミングサービス・Streaming+で実施。

配信ライブ放送の前後には、キタニタツヤが自身のYouTubeチャンネルで毎週行っているYouTubeLIVE「キタニタツヤを解放せよ」のスペシャルバージョン「キタニタツヤを解放せよ (outside)」も楽屋から放送することも決定。

視聴者のつぶやきコメントをもとにトークをする可能性があるので、ハッシュタグを使って参加しながらライブを楽しんでみよう。

チケットはイープラスで販売がスタートしており、アーカイブ放送が視聴できる6月27日(土)18:00まで購入可能。

また、有料でのチケット購入が難しいファンの為に、当日の会場の雰囲気がうっすらと楽しめるかもしれない無料配信「#クアトロ柱かくれんぼ」の配信もあわせて決定。

この配信は、見切れ席やプレミアチケットを手に入れられなかったが音漏れを聴きに行くミュージックラバーの体験から思いつかれた企画になっており、QUATTRO名物の“柱”しかほぼ見えない死角映像の生配信で、ライブハウスのもどかしいあるあるを再現したリアルなシチュエーションになりそうだ。

メンバーはほぼみえず、音も生音しか聞こえない為、こちらの視聴には強いメンタルが必要な生配信となる予定だが、「#クアトロ柱かくれんぼ」の詳細は、ライブ当日に発表される。

なんだか面白そうなことが起こる気配しかしない、キタニタツヤ初の配信ライブだ。

「Hug myself (inside)」
6月26日(金)
20:00から生放送開始予定(ライブ本編は約1時間を予定)
※6月27日(土)20:00までアーカイブあり。
チケット代金1,500円
受付URL:https://eplus.jp/kitani626inside/
受付期間:6月15日(月)18:00~6月27日(土)18:00

YouTubeLIVE「キタニタツヤを解放せよ(outside)」
6月26日(金)
ライブ前 : 19:00~19:30
ライブ後 : 本編終わりから22:00頃までの予定
キタニタツヤオフィシャルサイト : https://tatsuyakitani.com/

■キタニタツヤ Profile:
1996年生まれ。2014年頃からネット上に楽曲を公開し始める。
2017年、高い楽曲センスが買われ作家として楽曲提供をしながらソロ活動も行う。
2018年にはバンド『sajou no hana』を結成。
同年9月にはソロ作品「I DO(NOT)LOVE YOU.」を発表。同作はギター、ベース、プログラミングなど、マスタリング以外のすべての作業を一人で完結させた作品で、高い評価を得る。
2019年2月Village VanguardとコラボしてグッズとワンコインCD「Sad Girl」を発売。同年、渋谷WWWでのワンマンライブを満員御礼の下に開催。同じく2019年9月にリリースされた1st mini AL「 Seven Girls‘ H(e)avens 」はタワレコメンにも選定されているほか、SPACE SHOWERが選ぶ、過去にはあいみょんやSuchmos、神山羊も選出された注目新人”RETSUDEN NEW FORCE”に秋山黄色や長谷川白紙などともに選出。
『ヨルシカ』のサポートメンバーとしても参加や、『sajou no hana』は、“とある科学の一方通行”などの有名アニメーションのタイアップ曲などをリリース、作家としても数々のアーティストに楽曲を提供も行う。

オフィシャルYouTube Channel :


Instagram : https://www.instagram.com/inunohone
Twitter : @TatsuyaKitani

<記事提供:ジェイタメ