「なにこれ超ワクワクじゃん。」チャラン・ポ・ランタン、8週連続”宅録”シングル配信!!

スポンサーリンク

唄とアコーディオンの姉妹ユニット・チャラン・ポ・ランタンが、本日5月27日より8週連続で、自宅でレコーディング作業を行なった“宅録”シングルを配信リリースをすることが発表された。

8週連続リリースの皮切りとなるのは、本日リリースの配信シングル『空が晴れたら』。配信開始と同時に、メンバーコメントと4週目までのリリース作品タイトルも発表された。

チャラン・ポ・ランタンは、もも(唄/妹)と小春(アコーディオン/姉)の2人だけで制作をこなせるフットワークを活かし、楽曲製作活動中。今回、2人による作詞作曲はもちろん、楽曲のミックス作業およびマスタリングまで小春が担当した。

チャラン・ポ・ランタンにとって初の”完全宅録”作品である本作『空が晴れたら』は、4月5日に行われたチャラン・ポ・ランタン・インスタライブにて、突如として披露された楽曲。

直後に小春のTwitterに演奏動画を掲載したところ、2日間で10万回以上の再生回数を記録、その後、ファンによる同楽曲のカバー動画も続出するなど大きな反響を呼んでいた。なお、ジャケットとMUSIC VIDEOも小春による。

なお、“宅録”シングル第2弾『進捗インジケータ』は、4月に販売され話題となったリモート芝居へ小春が提供した楽曲をモチーフに制作されたインスト楽曲。また、第3弾、第4弾の“宅録”シングル『透明の恋』、『ゆううつなデイ』は、完全新曲リリースとなる。

第5弾以降のリリース詳細は公式SNS、ホームページ等で後日アナウンスされるのでファンとしては楽しみに待ちたい。

●チャラン・ポ・ランタン もも コメント:
”みなさんお元気ですか。
わたしたちにとっての、「あたりまえ」は、じんわりと、そして確実に目の前から無くなってしまい、不安や戸惑いを感じる毎日でした。

でも悩んだり落ち込んだりするのもあまり長続きしないわたしなので、またすぐに「歌いたい」「届けたい」そんな気持ちが強く、日に日に強くなってゆきました。
わたしたちにできること、今を残すこと、形にすること、伝えること、やっぱりそれは音楽でしかできないと気付きました。

わたしにとっての楽しみが、あなたにとっての楽しみにもきっと繋がりますように。
愛をこめて。お部屋で歌いました、そして歌います。
8週連続リリース、はじまります。

うっきうき!
わたしは元気です!”

●チャラン・ポ・ランタン 小春 コメント:
”ここ数ヶ月、生活がガラッと変わってしまいました。
会えない人、中止が続くライヴ、行けないスタジオ、流れてゆく時間。
それでも私らが出来ることは音を作って発信してゆくこと。なのにろくになにも出来ずにいました。

そんな今、聴いて欲しい曲が出来ました。
私たちの音も 家から出ずに
完全宅録になります。

結成してから初めて
作詞作曲、レコーディング、ミックス、マスタリング全て、我々2人で仕上げました。
最初から最後まで家の中2人だけで出来上がった作品週8連続リリース、なにこれ超ワクワクじゃん。

明日も不安だった毎日が
来週も楽しみだな~
て日常に変わりますように。”

■「空が晴れたら」配信サイト
https://avex.lnk.to/soragaharetara/

■「空が晴れたら」 MUSIC VIDEO

■8週連続“宅録”配信シングル・タイトルリスト
・5月27日配信リリース「空が晴れたら」
・6月3日配信リリース「進捗インジケータ」
・6月10日配信リリース「透明の恋」
・6月17日配信リリース「ゆううつなデイ」
・6月24日配信リリース「※タイトル後日発表」
・7月1日配信リリース「※タイトル後日発表」
・7月8日配信リリース「※タイトル後日発表」
・7月15日配信リリース「※タイトル後日発表」

■チャラン・ポ・ランタン プロフィール:
もも(唄/ 平成生まれの妹)と小春(アコーディオン/ 昭和生まれの姉)による姉妹ユニット。
2009年に結成、2014年にエイベックスよりメジャーデビュー。
バルカン音楽、シャンソンなどをベースに、あらゆるジャンルの音楽を取り入れた無国籍のサウンドや、サーカス風の独特な世界観で日本のみならず、海外でも活動の範囲を広める。
チャラン・ポ・ランタンとしての活動のほか、映画/ドラマへの楽曲提供、演技・CM・声優・イラスト・執筆など活動の範囲は多岐に渡る。
2020年3月にはシングル『コ・ロシア』発売。ロシアにて撮影を敢行したアートワークと共に収録曲『進め、たまに逃げても~Russian ver.~』も反響を呼ぶ。

■チャラン・ポ・ランタン公式サイト
https://www.charanporantan.net/

<記事提供:ジェイタメ

タイトルとURLをコピーしました