Awesome City Club、2ndフルアルバム『Grow apart』より「タイムスペース」のMV公開!

スポンサーリンク

(初出:20/05/07)

4月29日(水・祝)に配信リリースされた Awesome City Club の2ndフルアルバム『Grow apart』に収録されている「タイムスペース」のミュージックビデオが5月6日(水・祝)に公開された。
“すれ違い” をテーマに制作されたアルバムの中で、11時から12時の間一度も交わることのない時計の針をテーマに書かれたこちらの楽曲で、長針と短針がようやく重なることのできる12時を待ち焦がれる様子を、日本ならではの四季とともにアニメーションで表現した作品。

本ミュージックビデオのディレクションは2月に公開した同じく『Grow apart』収録曲の「ブルージー」にてカメラを担当したDomu。
そして、アニメーションを担当したのは Domu と同じくタイ出身のアニメーター JIBU。

以下、PORINコメント
「重なり合えばまたすれ違う、時計の長針と短針はまるで間の悪いふたりのよう。これは針が一度も交わることのない11時から12時の話。12時の訪れをどれだけ噛み締めていたいか。時は無常、過ぎゆく季節のようにその瞬間は待っていてはくれないのです。会いたい人を恋しく想うことができる今、
この曲とともに何か感じ取っていただけたら幸いです」

この楽曲が収録されたアルバムは、新体制、さらにデビュー5周年を迎える2020年の新たな挑戦が集約された1枚。今作は”すれ違い”をテーマに作られており、アルバムタイトル『Grow apart』(“互いに別の方向で成長する”)にもあるように恋人同士の“すれ違い”、自分自身の中に存在する相反する気持ちの“すれ違い”など…成熟した Awesome City Club だからこそ表現できる数々の“すれ違い”を題材にした楽曲が収録されている。
また、いしわたり淳治、久保田真悟(Jazzin’park)、ESME MORI、トオミヨウ、田中隼人、永野亮(APOGEE)など超豪華アレンジャー陣、プロデューサー陣を迎え、今までのバンドカラーに新たなテイストを加えてもらい今までにない魅力を表現しているのも本作の魅力の1つとなっている。

さらに、2020年1月に公開した新アーティスト写真をはじめ、シングル・アルバムのアートワークなどは木村豊(Central67)が手がけた。パッケージとして、アルバム初回生産限定盤には2019.12.24に行われた渋谷 WWWXで行われたライブを収録する豪華内容となっている。

そして、只今このアルバムの全曲視聴ティザーやパッケージ収録のライブ映像がアップされたり、メンバーがオンラインで収録~編集したアルバム収録曲の数々がアップされたりと、この在宅期間を楽しめるコンテンツが様々アップされている。

■「タイムスペース」Music Video



<記事提供:ジェイタメ

タイトルとURLをコピーしました