Little Black Dress、川谷絵音プロデュース楽曲でメジャーデビュー決定!

スポンサーリンク

(初出:21/06/25)

インディーズレーベルで数々の話題曲をリリースし、精力的に音楽活動を続けてきたLittle Black Dressが、2021年・夏、満を持してポニーキャニオンからメジャーデビューすることが決定した。

デビュー曲タイトルは「夏だらけのグライダー」。7月2日(金)に配信シングルとしてリリースされる。

記念すべきメジャーデビュー曲の今作は、ゲスの極み乙女。、indigo la End、ジェニーハイと、多岐にわたり活動する川谷絵音氏による作詞・作曲・曲のプロデュース作品。同曲は、日本テレビ系「バズリズム02」7月オープニングテーマにも決定している。

さらに8月にも、同じ川谷絵音氏プロデュース曲で2nd Singleリリースが予定されており、2ヶ月連続リリースでのデビューとなる。今後のLittle Black Dressの活動に期待したい。。

■リリース情報:
Little Black Dress DIGITAL SINGLE 「夏だらけのグライダー」
日本テレビ系「バズリズム02」7月オープニングテーマ
作詞・作曲・編曲:川谷絵音
2021年7月2日(金)主要配信サイトにて配信

■LIVE INFORMATION:
『Little Black Dress ワンマンライブ Special Guest 成田昭次』
2021年7月15日(木)Billboard Live YOKOHAMA
2021年7月19日(月)Billboard Live OSAKA
※2021年5月開催予定だった公演の振替公演

■Little Black Dress (リトルブラックドレス)プロフィール:
1998年11月3日生まれ、岡山県出身のシンガーソングライター。幼少期に家族が聴いていた歌謡曲に強く影響を受け、高校1年の春に叔父からギターを譲り受けたことをキッカケに弾き語りを始め、高校1年の秋には地元・岡山のライヴハウスをはじめ、路上ライヴ活動を始める。翌・高校2年の夏にはライヴハウスのオーナーの薦めでオリジナル楽曲の制作活動もスタート。歌謡曲の持つ「幸せに隠れている”翳り”」をテーマに独自の『歌謡ロック』を確立し、これまでに120曲以上ものオリジナル楽曲を制作する。
2016年、高校3年の春に上京。同年9月、奈良県・春日大社で開催された「MISIA CANDLE NIGHT」のオープニングアクトに抜擢され一躍注目を集める中、その日偶然ライヴに訪れていた日本を代表するクリエイティヴディレクター信藤三雄氏と出会い信藤氏より「LITTLE BLACK DRESS」と名付けられソロプロジェクトが始動。以降ライヴハウスを中心に活動を展開し、令和元年となる2019年5月にDIGITAL SINGLE「双六/優しさが刺となる前に」でインディーズデビュー。同年11月に開催されたワンマンライヴ「TOKYO MUSIC SHOW~歌謡ヒットパレード~」では、歌謡界のスーパースター達を相手に堂々たるライヴパフォーマンスを披露し「奇跡の競演」と話題に。
さらに2020年4月には、中国の人気テレビ番組「歌手 SINGER・当打之年」で5億人の前でMISIAと再び共演をし、脚光を浴びる。
2021年4月には~筒美京平 オフィシャル・トリビュート・プロジェクト~ザ・ヒット・ソング・メーカー 筒美京平の世界 in コンサートにも出演。5月12日に1st Digital Album「浮世歌」をリリースした。7月、PONYCANYONよりメジャーデビューが決定
▽Official SITE:
https://littleblackdress.website/
▽OfficialYouTube:
https://www.youtube.com/channel/UCr8txkyXFSctm0W7Rwry11Q
▽OfficialTwitter @LBD_official
▽Official Instagram @lbd.official

<記事提供:ジェイタメ

タイトルとURLをコピーしました