ASIAN KUNG-FU GENERATIONが名曲「ソラニン」披露! YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」第137回

スポンサーリンク

(初出:21/07/24)

一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」。その第137回に初登場したのは、今年結成25周年のASIAN KUNG-FU GENERATION。

ASIAN KUNG-FU GENERATIONは、8月6日公開される映画『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』主題歌(新曲「エンパシー」)を担当することが決まっている。

そのASIAN KUNG-FU GENERATIONが7月23日披露したのは、2010年にリリースされた”アジカン”を代表する名曲「ソラニン」。

普段のライブでのパフォーマンススタイルで一発撮りに挑戦している。

■番組詳細
「ASIAN KUNG-FU GENERATION – ソラニン / THE FIRST TAKE」:


※7/23(金)プレミア公開

■ASIAN KUNG-FU GENERATION コメント:
”結成25周年の年に出演するTHE FIRST TAKEで、どの曲を歌うべきか考えたんですが、今年に入って海外のファンたちがカヴァーしてYouTubeにアップしてくれた「ソラニン」を選びました。
当日は、仲間たちと出会えた喜びと、僕たちの音楽を見つけてくれた皆さんへの感謝を込めて演奏しました。
また、僕たちの今回の演奏が、新しく出会う人たちへの簡単な挨拶にもなったら、とても嬉しいです。

後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)”

■「THE FIRST TAKE」とは
「THE FIRST TAKE」(ザ・ファースト・テイク)はミュージシャンによる一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネル。「白いスタジオに置かれた一本のマイク。ここでのルールはただ一つ。一発撮りのパフォーマンスをすること。」をコンセプトに、高画質・高音質で収録した映像を配信している。演出を徹底的に削ぎ落とし、“音楽そのもの”を際立たせた、新しい感覚の音楽コンテンツ。

■ASIAN KUNG-FU GENERATION プロフィール
1996年結成。後藤正文(vo.g)、喜多建介(g.vo)、山田貴洋(b.vo)、伊地知 潔(dr)による4人組ロックバンド。03年メジャーデビュー。同年より新宿LOFTにてNANO-MUGEN FES.を立ち上げ、2004年からは海外アーティストも加わり会場も日本武道館、横浜アリーナと規模を拡大。
2016年にはバンド結成20周年イヤーを迎え、自信最大のヒット作「ソルファ」の再レコーディング盤をリリースするなど話題を集めた。
後藤が描くリアルな焦燥感、絶望さえ推進力に昇華する圧倒的なエモーション、勢いだけにとどまらない「日本語で鳴らすロック」でシーンを牽引し続け、世代を超えた絶大な支持を得ている。
2021年は結成25周年を迎え、11月から札幌を皮切りに全国6カ所をめぐる全国ツアー「ASIAN KUNG-FU GENERATION 25th Anniversary Tour 2021 “Quarter-Century”」の開催が決定している。る。
▽ASIAN KUNG-FU GENERATION SNS:
Official Site:
http://www.asiankung-fu.com/
Twitter:
https://twitter.com/AKG_information
25th Anniversary Tour 2021 特設サイト:
http://www.akglive.com/tour2021

<記事提供:ジェイタメ

タイトルとURLをコピーしました