藤井フミヤ、大滝詠一名曲「恋するカレン」カバーを「THE FIRST TAKE」で初披露!

スポンサーリンク

(初出:21/03/27)

一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」の第104回公開の詳細が発表になった。

高画質で4Kにも対応した圧倒的なクオリティを楽しめる「THE FIRST TAKE」は、今もっとも注目を浴びているYouTubeチャンネル。

その第104回に、そのつややかで心に響く声が、いつまでも人の心を打つ藤井フミヤが登場。名盤『A LONG VACATION』発売40周年を記念して、個人的にもつながりのあった故・大滝詠一の名曲「恋するカレン」をフミヤ本人がチョイス、ギタリスト・佐橋佳幸によるここだけのアレンジでやさしく歌い上げている。

■番組詳細:
「藤井フミヤ – 恋するカレン」 / THE FIRST TAKE」
(3/26(金) 22時~プレミア公開)

※YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」トップページ
https://www.youtube.com/channel/UC9zY_E8mcAo_Oq772LEZq8Q

■藤井フミヤ コメント:
”この曲は青春時代に、車や外で音楽が聴けるようになった時代の皆が聴いていた大滝詠一さんのアルバムのなかでも大好きな一曲を歌わせていただきました。
オリジナルのアレンジはたくさんコーラスが入っていてドゥワップっぽいのですが、それをギター1本で歌うにあたり、やさしく歌うためにキーを少し下げて、パーカッションを入れて歌いました。大滝さん独特の歌いまわしも意識して歌唱しました。”

■藤井フミヤ プロフィール:
1983年、チェッカーズのボーカルとしてデビュー。
バンド解散翌年の1993年、「TRUE LOVE」をリリース。以降ソロアーティストとして活動。2020年11月より、万全な感染症予防対策のもと、観客動員数50%でコンサートツアー『ACTION』を開催中。同ツアーは、コロナ禍でも観客の「心を盛り上げたい」という思いから、チェッカーズ初期の代表曲を披露する初めてのコンサートとなる。
▽藤井フミヤ オフィシャルホームページ:
https://www.fumiyafujii.net

<記事提供:ジェイタメ

タイトルとURLをコピーしました