聴いた瞬間、生まれる愛着。The Whoops最新E.P.「TAPES and LOVE」配信スタート!

スポンサーリンク

(初出:20/12/09)

埼玉県北浦和発の3ピースバンド、The Whoops(ザフープス)の最新E.P.「TAPES and LOVE」の配信が、本日12月9日(水)よりスタートした。

■リリース情報:
2020年12月9日(水)配信スタート
The Whoops
配信E.P.『TAPES and LOVE』
[収録曲]

  1. SUNNY
  2. 花火
  3. Strawberry
  4. 俺たちに明日はない
  5. 足りない
    https://lnk.to/TAPESandLOVE

「TAPES and LOVE」は、今年2020年10月よりZINEという特殊な形態、かつ発売後一週間アーティストから全く告知されない形でリリースされ、各所で売り切れが続出。配信リリースが待ち望まれていた、全5曲入りのE.P.。

タイトルのTAPES and LOVEという言葉からもイメージできるように、どこかノスタルジックな音像と、心に残るメロディとが相まって、聴いた瞬間から愛着が湧く、何とも不思議な魅力に溢れた作品となっている。

■The Whoops宮田翔平コメント:
”zineという特殊な形式、かつゲリラでのリリースとなったミニアルバム「Tapes and Love」。
ありがたいことにThe Whoops分の在庫は即ソールドとなり、各取扱店舗でも売り切れ品薄状態となりました。皆様、ありがとうございます!
とっても嬉しいです!
ものすごく良い音源になったので、もっとたくさんの人にぜひ聴いてほしい!ということで、まだ持っていない方々、興味はあったけどまだ手を伸ばしていない方々向けに各サブスク解禁です!
音楽の楽しみ方は無限にあるので、もし聴いてもっとこのミニアルバムについて気になった方々がいたら、どうか残り数少ないzineをお探しくださいませ!”

なお収録曲の「足りない」は、今年2020年5月31日(日)に公開された、一度も直接会うこと無くフルリモートで制作された映画『どこへも行けない僕たち』(原作・脚本・監督・編集:松本窓)の主題歌に起用されている。映画は松本窓のYouTube公式チャンネルでも公開中。

■リモート映画『どこへも行けない僕たち』:

■The Whoopsプロフィール:
宮田翔平(ボーカル,ギター)、森雅美(ベース,コーラス)、須長宏紀(ドラム,コーラス)からなる3ピースバンド。
埼玉県北浦和にて結成。
日常、昔見ていた景色、失恋、青春を濃縮還元したかのようなバンド。
RO69JACK14/15入賞アーティスト。
▽HP: https://thewhoops.info/

<記事提供:ジェイタメ

タイトルとURLをコピーしました