矢沢永吉、未発売ライヴ映像配信PJ「3 BODY’S NIGHT」第2弾、横浜アリーナ公演配信概要!

スポンサーリンク

(初出:20/07/20)

新型コロナウイルス禍の影響が残るなか、引き続き感染拡大防止のため“STAY HOME”に取り組んでいる日本中のファンに矢沢のロックを届けるプロジェクト”3 BODY’S NIGHT(サンバディーズナイト)”。

年代の異なる3つのライブ映像(いずれも商品化されてない映像)を配信する本プロジェクトの第2弾は、現段階での最新映像であり、報道含めて一切のライブ映像を公開していない、「ROCK MUST GO ON」ツアー・横浜アリーナ公演(2019 年12月4日開催)。

矢沢永吉70歳のメモリアルイヤーに開催された本ツアーでは、矢沢が喉の不調によるドクターストップにより、断腸の思いで自身47年の音楽活動で初めて公演中止を余儀なくされたツアーとしても記憶に新しいところ。

今回配信する横浜アリーナ公演は、その喉の不調を乗り越えツアーへ復帰し、そして矢沢にとって特別な思いを持つ街、横浜にカムバックした、矢沢本人にとっても特別な公演だ。

<3 BODY’S NIGHT 特設サイト>
https://www.eikichiyazawa.com/feature/3bodysnight

■第2弾配信について:
今回は第1弾配信の成功を糧にさらに配信プラットフォームを5つに増やし、より参加いただきやすいよう環境をアップデート。
また、オフィシャル配信では限定でフェイスタオル、エコバッグそれぞれの特典つきチケットも販売。

■『ROCK MUST GO ON』横浜アリーナ公演について:
前作から7年ぶりのリリースとなったオリジナル・アルバム「いつか、その日が来る日まで…」をひっさげた全国ツアー『ROCK MUST GO ON』。
“ロックを止めてはならない”という強いメッセージの元、ロックシンガーの新境地を切り開いたツアーで、11月、矢沢永吉は長年に渡るキャリアの中で初めて喉の不調によりツアーを一時中断。「俺は戻れるのか…?」と不安と葛藤しながらも、待ちわびた超満員のオーディエンスの前に矢沢は完全復活を遂げ、迎えた横浜アリーナ公演。
歌手としての第一歩を踏み出した街、横浜での感動的な公演のセットリストは、これまでの代表曲やバラードの名曲に加え、アルバム「いつか、その日が来る日まで…」まで網羅したもの。

■第2弾配信概要
【タイトル】
EIKICHI YAZAWA CONCERT TOUR 2019「ROCK MUST GO ON」at 横浜アリーナ
【配信情報】
ライブ配信日時:2020年8月6日(木) OPEN 19:00 / START 20:00(終了22:15 予定)
アーカイブ配信期間:2020年8月6日(木)配信終了直後~8 月9 日(日) 23: 59まで
※ライブ配信開始時間、アーカイブ配信期間はプラットフォームにより異なる場合があります。詳しくオフィシャルサイトの購入ページを確認
配信プラットフォーム:
GYAO!/neo bridge/U-NEXT/LINE LIVE VIEWING/矢沢永吉Official
【視聴チケット】
価格:一般チケット3,800円(税込)

<記事提供:ジェイタメ

タイトルとURLをコピーしました