幾田りら、『フェイフェイと月の冒険』(Netflix)日本語版エンド・クレジット・ソングを担当!

スポンサーリンク

(初出:20/09/08)

“小説を音楽にするユニット”YOASOBIのボーカルikuraとして活動し各種配信チャートで1位を席巻、またアコースティック・セッション・ユニット“ぷらそにか”にも参加している、シンガーソングライター幾田りら。

その幾田りらが、2020年10月23日(金)より、Netflixが独占配信する映画『フェイフェイと月の冒険』の日本語版エンド・クレジット・ソングを担当することが決定した。

本作は、ディズニー・アニメーション『美女と野獣』『アラジン』『塔の上のラプンツェル』などを手掛けてきた伝説のアニメーター、グレン・キーンが初の長編監督を務める、夢と感動のファンタジー・アドベンチャー。

楽曲の日本版タイトル「ロケット・トゥ・ザ・ムーン~信じた世界へ~」のタイトルは、キーン監督も歌声を絶賛した幾田が命名した。楽曲は、各種音楽配信サイトにて、2020年9月25日(金)より配信スタートされる。

■楽曲概要:
Netflixオリジナル映画『フェイフェイと月の冒険』日本語版エンド・クレジット・ソング
「ロケット・トゥ・ザ・ムーン~信じた世界へ~」
各音楽配信サイトより
2020年9月25日(金)配信スタート

■映画概要:
Netflix映画『フェイフェイと月の冒険』
配信日:2020年10月23日(金)よりNetflixにて独占配信開始
公式サイト:https://www.netflix.com/jp/title/80214236
予告編1:


《あらすじ》
物心ついた頃から、今は亡き母が語る“月には女神がいる”という伝説を信じ続けてきたフェイフェイ。科学が大好きな彼女は、家族を巡る様々な悩みを抱えつつも《月の女神の伝説》を証明するために自らの手で宇宙船を作り、ウサギのバンジーとともに月へと向かうことを決意します。そしてたどり着いた月の世界。そこには不思議な王国や幻想的な生き物、そして思いがけない冒険が待ち受けていた―。

■幾田りら:
Twitter:https://twitter.com/ikutalilas
Instagram:https://www.instagram.com/lilasikuta/

・プロフィール:
2000年9月25日生まれ、東京都出身。シンガーソングライター・幾田りらとして活動するかたわら、YOASOBIのボーカルikuraとしても活動し、アコースティック・セッション・ユニット“ぷらそにか”にも参加している。
2019年11月16日(土)にはセカンドミニアルバム『Jukebox』を発売。Google PixelのCMで「(THEY LONG TO BE) Close to you」のカバー歌唱、”東京海上日動あんしん生命”CMでの歌唱なども務め、一度聴いたら耳を離れないその歌声が注目を集めている。

■YOASOBI:
Official Site:https://www.yoasobi-music.jp/
Twitter:https://twitter.com/YOASOBI_staff
YouTube Channel:https://www.youtube.com/c/Ayase0404
TikTok:https://www.tiktok.com/@yoasobi_ayase_ikura

・プロフィール:
コンポーザーのAyase、ボーカルのikuraからなる、「小説を音楽にするユニット」 。2019年11月に公開された第一弾楽曲「夜に駆ける」は公開1か月でYouTube 100万回再生を突破、2020年8月には5,000万回再生を達成。Billboard Japan Hot 100やオリコン週間合算シングルランキングで1位を獲得し、ストリーミング再生回数は1億回を突破。第二弾楽曲「あの夢をなぞって」は原作小説の漫画化が決定、第三弾楽曲「ハルジオン」は飲料や映像作品とのコラボレーションを果たし、7月20日に第四弾楽曲「たぶん」をリリース。原作小説の書籍化やコミック化も発表し、さらに展開の幅を広げている。

<記事提供:ジェイタメ

タイトルとURLをコピーしました