大塚 愛×あっこゴリラ、コラボ3曲の配信スタート!楽曲コメント公開!

スポンサーリンク

Photo by 田中聖太郎

(初出:21/05/13)

シンガーソングライター大塚 愛とラッパーあっこゴリラが、純度100%の相性で制作した「あいびき」「ハイナビ」「またたび」の3曲がデジタルシングルとしてリリースされた。

先行配信されている「あいびき」は、男女の「逢い引き」とハンバーグを作る際の「合い挽き」、そして大塚 愛とあっこゴリラの関係性を示した意味を含んでおり、先日公開された、加藤マニが映像ディレクターを務めたミュージックビデオも、クールでスタイリッシュななかに存分にユーモアを混ぜ込まれた作品に仕上がっている。

さらに先週末からスタートした、TikTokで楽曲をバズらせる方法を提案する新番組「バズっていいかも?」の初回ゲストとして大塚 愛とあっこゴリラが出演し、「あいびき」を初パフォーマンスして大きな話題となっていた。

「あいびき」「ハイナビ」「またたび」の3曲は、まったくテイストの異なる楽曲に仕上がっているので、大塚 愛本人による楽曲コメントも読みつつ、それぞれの曲を味わってみよう。

■大塚 愛による楽曲コメント:
「あいびき」
くっついてもくっついても混ざりきれなくて、すれ違う2人からでてくるのは「愛してる」の素敵。怖がらずに深くまで理解し合えた時、最強のハンバーグとなって、魅了してくれると思う楽曲です。

「ハイナビ」
多くの女性が、日々飲み込まざる得ない窮屈さを、開放できるようにと、あっこちゃんと制作しました。家という自分だけの空間で、どこまでハイテンションにナビゲイションできるか、どこまで自分自身を肯定してあげられるかを考えて作っています。あっこちゃんの疾走感溢れるラップが爽快に気持ちをあげてくれる一曲です。

「またたび」
「ネコがまたたびで遊ぶ様」というテーマの元、ゆるくも甘いリラックスできる楽曲に仕上がりました。理性を外されてしまうもどかしさと気持ちよさを表しながら、愛しい想いが全面にでていくような歌になりました。

■5月12日配信リリース情報:
大塚 愛 × あっこゴリラ
デジタルシングル「あいびき」
M1. あいびき
M2. ハイナビ
M3. またたび
https://asab.lnk.to/ep_aibiki

▽大塚 愛 × あっこゴリラ「あいびき」Music Video

▽大塚 愛 コメント:
”どんな名作も声の存在感なしには成り立たないと思う中、あっこちゃんの声には、
とてつもない強さと切なさが入り混じったような唯一無二の魅力があると思いました。
今回の3作品全てにおいて、悔しいかなどこを切り取っても勝てなかった。
だからこそ、一緒にできて良かったし、自信を持って皆様に良いので聴いてください!と差し出せます。”

▽あっこゴリラ コメント:
”まさかカラオケで歌ってたあの大塚愛さんと一緒に曲つくるなんてどんな世界線よ?!といまだに信じられない心地です。どんなボールもすぐさまキャッチーにしてしまう手腕を目の当たりできてひたすら感動しました。わたしは普段より余白(POP)をつくることに挑戦しました!が、割といつも通りです笑。愛さんのおかげで聴きやすくなってると思います。楽しんでもらえたら嬉しいです!”

■あっこゴリラ プロフィール:
ドラマーとしてキャリアをスタートし、バンド解散後、2015年よりラッパーとして活動スタート。2017年にはCINDERELLA MC BATTLEで優勝。2018年には日本音楽業界初のフェミニズムを打ち出したALBUM「GRRRLISM」をリリース。国内外問わずメッセージを発信しまくり、現在鋭意制作中。
▽official Twitter:
https://twitter.com/akko_happy_b?ref_src=twsrc%5Egoogl

■大塚 愛 プロフィール:
1982年大阪府生まれ。シンガーソングライター。
「さくらんぼ」「プラネタリウム」など多数のヒット曲を手がけるほか、楽曲提供や絵本制作、イラストレーション、さらには、初めての小説「開けちゃいけないんだよ」を「小説現代 2020年9月号」(講談社)に寄稿するなどマルチに活躍。最新作としてリメイクアルバム『犬塚 愛 One on One Collaboration』とライブ作品『LOVE IS BORN ~17th Anniversary 2020~』が好評発売中。
▽official website (mobile&PC):
https://avex.jp/ai/

<記事提供:ジェイタメ

タイトルとURLをコピーしました