乃木坂46が10周年目に突入、「9th YEAR BIRTHDAY LIVE」を開催

スポンサーリンク

(初出:21/02/24)

乃木坂46のメジャーデビュー日(2012年2月22日)を記念して、毎年2月に開催される「BIRTHDAY LIVE」。今年の「9th YEAR BIRTHDAY LIVE」は、新型コロナウイルス感染拡大防止の為、無観客生配信にて開催された。
満9歳を迎えた昨日は、「9th YEAR BIRTHDAY LIVE~前夜祭~」と称され、過去の「BIRTHDAY LIVE」を振り返り、全メンバーでトークショーを展開。そして本日の「9th YEAR BIRTHDAY LIVE」をもって、遂に乃木坂46がデビュー10周年目に突入した。

オープニングナンバーは記念すべきデビューシングル「ぐるぐるカーテン」。当楽曲のセンターを齋藤飛鳥が務め、「9th YEAR BIRTHDAY LIVE」がスタート。MCを挟み、3期生:山下美月と与田祐希がダブルセンターを務める「インフルエンサー」、3期生:梅澤美波がセンターを務める「シンクロニシティ」、
そして4期生:遠藤さくらがセンターを務める「帰り道は遠回りしたくなる」など、乃木坂46の代表曲がオンパレード。当時は生駒里奈・西野七瀬・白石麻衣などがセンターを務めた楽曲だが、その歴史は現役メンバーに歌い継がれ、新体制となる乃木坂46を象徴した序盤のブロックとなった。

その後、ブロックは中盤となり、まずは期別コーナーへ突入。4期生~3期生~2期生~1期生の順番にパフォーマンスが行なわれ、新旧問わずの楽曲が飛び交う。
MCを挟んだ後は、VTRを通じてこの1年間を振り返るコーナーに。2020年から世の中に新型コロナウイルスが蔓延し人々が日常を失う中、白石麻衣の卒業シングル「しあわせの保護色」を3月にリリース、6月に医療従事者へのチャリティソングとして配信された「世界中の隣人よ」、秋元康氏と小室哲哉氏が約10年ぶりにタッグを組み話題沸騰した「Route 246」、またSNSを中心にバズった4期生曲「I see…」など、2020年の乃木坂46を象徴する楽曲が名を連ねた。

終盤ブロックでは新旧にわたる表題曲を中心にパフォーマンスされ、最新シングル「僕は僕を好きになる」で本編終了。
アンコールでは、乃木坂46のライブには欠かせない「そんなバカな・・・」「ダンケシェーン」を立て続けに披露し、ラストは定番ともなる「乃木坂の詩」で「9th YEAR BIRTHDAY LIVE」の幕を閉じた。

この9年間の中でメンバーの卒業など、グループにとって様々な大きな出来事もあったに違いない。
しかしこの乃木坂46というグループは、10周年目に突入するも、衰えるどころか常に上昇気流を歩み続けている。
日本の女性モンスター・アイドルグループとして、今後もたくさんの明るい話題を期待させてくれる、そんな「9th YEAR BIRTHDAY LIVE」だった。

■乃木坂46「9th YEAR BIRTHDAY LIVE」セットリスト
M1:ぐるぐるカーテン
M2:インフルエンサー
M3:シンクロニシティ
M4:何度目の青空か?
M5:帰り道は遠回りしたくなる
M6:君の名は希望
M7:夜明けまで強がらなくてもいい
M8:キスの手裏剣
M9:Out of the blue
M10:逃げ水
M11:トキトキメキメキ
M12:毎日がBrand new day
M13:バレッタ
M14:アナスターシャ
M15:ライブ神
M16:制服のマネキン
M17:サヨナラの意味
M18:狼に口笛を
M19:しあわせの保護色
M20:ゆっくりと咲く花
M21:世界中の隣人よ
M22:Route 246
M23:明日がある理由
M24:ファンタスティック3色パン
M25:I see…
M26:口ほどにもないKISS
M27:自惚れビーチ
M28:日常
M29:Wilderness world
M30:いつかできるから今日できる
M31:おいでシャンプー
M32:Sing Out!
M33:僕は僕を好きになる
(本編終了)

EN1:そんなバカな・・・
EN2:ダンケシェーン
EN3:乃木坂の詩

<記事提供:ジェイタメ

タイトルとURLをコピーしました