ボカロP、あいざわ文庫が歌い手すみれもんをフィーチャリング、新曲“ひかりのように”リリース!

スポンサーリンク

(初出:21/04/28)

ボカロPとして活動してきたyamadaが、様々なアーティストとコラボレーションを繰り広げる新しいプロジェクト・あいざわ文庫。

2020年10月に90’s渋谷系サウンドを彷彿とさせるアップテンポな楽曲「台風ガール」でデビュー。

キャッチーメロディーとユニークな歌詞が多くの若者の心を捉え、LINE MUSICではリアルタイムランキング10位を入るなど大きく躍進を果たしたあいざわ文庫が、デビューから半年ぶりに、新作「ひかりのように」をリリースした。

今作は高いクオリティーのカバーで人気を博す、すみれもんをフィーチャリング。

不安と希望が交差する日常を描いた今作をすみれもんがストレートで透き通った歌声で歌い上げ、前作以上に多くのリスナーを引きつけそうな楽曲に仕上がっている。

アートワークは前作に引き続き毎日が担当し、楽曲から連想した空想の漫画の一コマを描き起こしたユニークな内容になっている

■New Single:
Title: ひかりのように
Artist: あいざわ文庫 feat.すみれもん
発売日: 4/28
▽Streaming / Download:
https://lnkfi.re/AB_HRY_210428

▽YouTube:

■あいざわ文庫:
小沢健二と90’s渋谷系サウンドをこよなく愛し、日常に寄り添う優しい音楽を創る、音楽プロデューサー。ジャズバンドで演奏していた父親の影響もあり、高校在学時に楽曲制作を開始。現在までボカロ作品を中心に継続的な楽曲をリリース続けている。代表作は「ライカ」「なんてね。」など。最近はMVなどのアニメーションの制作をすることも多い。趣味は寝ること。
▽Follow on Youtube – https://youtu.be/NB-m59nWnrI

■Vocal: すみれもん:
Follow on SNS – https://html.co.jp/lemon_suppaiii

<記事提供:ジェイタメ

タイトルとURLをコピーしました